phiten お問い合せ よくある質問 海外拠点 English Site

コラボストーリー第7弾 はるやま×phiten 2015年7月より「はるやま商事株式会社」とファイテン社が取り組みをスタート。共同開発したオリジナル商品が誕生するまでのコラボストーリーを紹介します。

従来のスーツにファイテン技術を搭載 動きやすいを一番に考えた全く新しいスーツが誕生!担当者インタビュー バイヤー 河本 裕介(左)宇渡 弘毅(右)

ファイテンとコラボするきっかけを教えてください

やはり一番は「お客様に健康的なスーツを」という観点からでしたね。今までのスーツにはない付加価値を考え、全くゼロベースで商品開発をはじめ、改良を重ね今に至る「ニットスーツ」が誕生しました。ニットスーツは、非常に良く伸び動きやすく着用しやすいという声が多くありました。そこで「動きやすい」というヒントをもとに疲れにくいスーツは出来ないかと模索している時、ファイテン社と出会い「世の中にないスーツが開発出来るのではないか」というのがスタートでした。

コラボレーションして誕生した商品のご紹介。こだわった点は?

ファイテン社とは、お陰様で様々なコラボ商品が誕生しています。アパレル商品は、毎年同じ商品をリリースしてもお客様は納得しないですよね。(笑)常に新しい商品を創り出しお客様に提供するのが私達の使命でもあります。ファイテン社と出会い、商品に付加価値が生まれ健康スーツが誕生した時は、まさに新しい時代へステージアップした瞬間でしたね。
今年の秋冬スーツは、より動きやすいように肩回りが良く伸びるよう設計しました。特に表地がよく伸び、 背中の可動域が約30%UP。パンツの伸びは上着以上の体感ができ、屈伸などの動きやツッパリ感は全く感じません。一度袖を通して頂くと、はじめての人はその着心地に驚くと思います。

通常スーツはウール生地ですがこのスーツは、はるやましか出来ない編み物を採用。これは「ニットスーツ」の特徴でもあります。着心地は軽くよく伸びる。このスーツにファイテン技術を搭載して、はるやまオリジナルスーツで働く人全てを応援していきます。今年は、ジャケットやパンツのみならず、ビジネスベルトまでコラボ商品として展開しています。伸縮機能もありこのベルトも伸びお客様からは好評の声を頂いています。
現在アパレル業界ではRELAXやCOMFORTがキーワードになってきつつあります。ひと昔前は考えられなかったデニムまで伸びる時代ですよね。

夏には吸水速乾の素材をいかした「i-Shirt(アイシャツ)」をリリースしました。あまり知られていませんが、「i-Shirt100万枚記念」としてファイテン社とのコラボ商品だったんです。完全ノーアイロン仕様で圧倒的な形態安定性。消臭機能も搭載し多彩なデザインとバリエーションを取り揃えました。発売当時は色々とハードルがありましたが、今では毎年リピーターが多い大人気商品なんです。

今後の展開、目標などあれば教えてください。

現在はファイテン社のアクアチタン技術を搭載し商品展開していますが、また違った新しい技術が誕生したと聞いています。これからは新技術も視野に入れ新しいスーツをリリースしたいと考えています。素材の進化に伴い、ウィメンズにも力を入れていきたいですね。また16年10月にはファイテンショップ岡山青江店がオープンしました。はるやま店舗内にファイテンショップという新しい取り組みです。店内には、ファイテン商品はもちろんリラクゼーションサロンコーナーも併設されており、酸素カプセルやチタン浴カプセルなどファイテンオリジナルマシーンを用意。壁紙にもアクアチタン技術が入っており快適な空間を提供しています。岡山に来られた時は、ファイテンショップはるやま岡山青江店でお待ちしております。

  • http://2868.phiten.com/access.aspx
  • 住所:岡山市北区青江1-17-21
    電話:0120-289-510
    営業時間:10時~20時
    定休日:年中無休

コラボレーション企業一覧はこちら 過去にコラボレーションした企業様をご紹介しています。

  • 150店舗突破記念 ファイテンショップ夏の大感謝祭
  • ファイテン「復刻祭」投票結果発表
  • ファイテンショップ紹介ムービー公開中!!
  • ショップスタッフ募集!
  • ファイテンショップへ行ってみよう!
  • ファイテンがプロデュースする新しいリラクゼーションサロン
  • ファイテンショップFCオーナー募集中!
  • ピックアップコンテンツ/スペシャルな情報公開!
  • パフォーマンスを支える快適スポーツウェアRAKUシャツSPORTS
  • 契約アスリート一覧
  • ファイテン公式SNS一覧
インフォメーション

このページの先頭へ