phiten お問い合せ よくある質問 海外拠点 English Site

バドミントン × phiten

作新学院(栃木)バドミントンをする生徒

2016年は、エース・海老原詩織(現・日本ユニシス)らを擁し、団体戦でノーシードながらベスト8に進出。今春の高校選抜では、創部以来初となる団体戦ベスト4に進出するなど、ここ数年で個人・団体ともに存在感を発揮している作新学院(女子)。チームを支える「ギア」について語ってもらった。取材協力/バドミントンマガジン

海老原詩織とともにチームが成長の階段を上っていく中で、「これまでになかった大学や実業団、企業とのつながりができた」と遠藤監督は振り返る。ファイテンとの連係もその一つだ。同社のネックレスやブレスレットなど、さまざまなコンディショニンググッズを、いまでは監督、選手ともに愛用している。

「効果を実感するのは、(ネックレスなどを)外したときですよね。携帯電話と同じで、あればなんていうことはないけど、なくしたらパニックになる(笑)。それくらいの存在です」(遠藤監督)

遠藤監督

ファイテン商品を使用する選手の声

ファイテンのスタッフ(左:埼玉栄高出身で2011年IH 女子ダブルス準優勝の小橋霞)が定期的に学校を訪れ、同社製のクリームなどを用いてケアを施すこともある元プレーヤーだけに、選手も信頼を寄せている。

バドミントンのコンディショニングにおいて欠かせない存在になっているファイテン商品。選手にも愛用するアイテムをあげてもらった。

ファイテンスタッフの埼玉栄高出身で2011年IH女子ダブルス準優勝の小橋霞

アンクレット、ブレスレットとネックレスをいつも着けていて、スパッツも試合のときに履いています。どれも着けていると体が軽く感じられます。とくにスパッツは股関節が動きやすくなります。あと最近はメタックスEXスプレーも使っています。冷たくてリフレッシュできる感じがしますし、臭いがなくて使いやすいです。
選手を支えるボディケアアイテム
「スパッツは小学校の頃から履いています。股関節の部分が動かしやすいので、足が前に出やすくなります。練習では履かないときもありますが、動きに違いが出てしまうので、自分にとって欠かせないです。あとは試合のあとや気になるところにメタックスクリームを使っています。体が楽になります」
選手を支えるボディケアアイテム
「パワーテープは気になるところに貼っています。太ももに貼ると、動きやすくなる感じがあります。シリコン製のネックレスなども着けていますが、試合のときでもリラックスしてスイングしやすくなります。あとは、ファイテンのタオルも触り心地もよくて好きです。寝るときでも時々使っています」
選手を支えるボディケアアイテム

ファイテンのバドミントンおすすめギア

『(公財)日本バドミントン協会審査合格品』を数多く12アイテム取り揃えています。
下記5アイテムはファイテンオフィシャルストアでも購入いただけます。

その他商品、大会ブースをはじめ全国のファイテンショップにて発売中!
※店舗によってお取り扱いがない商品がございます。
平成28年度 検定合格品 / 審査合格品 / 用 具 / 器 具 / 一覧表

このページの先頭へ